経営コンサルタントがこぞって進めるハラール食品への参入

日本では在日外国人も増えて、普通に街中で見かける時代となりました。特に最近はインドネシアなどのイスラム国家からの外国人も多くなっていることもあって、彼ら向けの食品製造を進めるビジネスが本格的になりつつあります。

それが、いわゆるハラール食品です

それはイスラム教徒が食べられる食品の製造でして、彼らが食べる食品は色々な決め事の中で選ばれたものが食べられることになるでしょう。しかし、ここ数年で日本の経営コンサルタントが推奨するビジネスアイテムとして一気に注目されているのです。

ハラール食品が注目されているのは、その市場規模の大きさからでしょう。日本の食品メーカーはもともと食品生産においては世界中でも生産管理能力の高さが評価されていますので、それをハラール食品の製造に生かそうと言う考えが出て来ています。製造した食品がハラール食品として認証されるためには、その製造拠点そのものがハラール認証機関によって様々な審査を受けなければなりません。

それでも、これらの認証をクリアした食品メーカーはイスラム国家への輸出が可能になるために、現在特定の人口の多い国の需要に頼らざるを得ない食品産業にとっては将来的に安定した業績が見込まれる分野となっているのは確実でしょう。

ただ、食品メーカーも認証後にきちんと生産管理をして行かないと単純に食品生産だけの問題で済まされない場合もあります。メーカーが悪意を持ってハラールの基準にそぐわない食品をハラール食品として製造していた場合、これがイスラム国家へ輸出されて発覚するようなことになると国際的な信用を失う事態にもなり兼ねません。

それまで順調に業績を上げていたハラール認証済みメーカーが一気に経営難に陥ることはもちろん、他の日本国内の認証済みメーカーにも悪影響を与える非常に大きなリスクを孕んでいます。これによりハラール食品への参入は非常に意義深いことだとしても、生産を行う責任がメーカーとして非常に大きくなると言うことを理解することが必要なのです。

わたしが手本にしている日本人の経営コンサルタントである田中雅子氏の考え方が非常に参考になりますので、合わせて学んでみることをお勧めします。